スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

桂井よしあき「黒白Lovers」感想・レビュー

aaas.jpg
待ちに待った単行本が桂井よしあきさんの単行本が出たので久しぶりにエロ漫画の感想・レビューでも
いやー本当にこの日が待ち遠しかったです。

ドラマCD付き初回限定BOXとなっている今作
純愛やハーレムといった作品が収録される「告白Lovers」と凌辱や調教要素のある作品が収録されている「黒箔Black rubbers」の二冊構成+ドラマCDといった内容物になっています。

「告白Lovers」
『カノジョは家族で恋人で?シリーズ(全4話)』
主人公・空野鷹士が高咲家に居候する少女や姉であるこころと繰り広げる続き物の話

『カノジョは家族で恋人で』
メインヒロインである高碕涼夏との物語。鷹士が大好きで寝込みや朝を襲ったり、ことあるごとにアピールする涼香がとても意地らしいです。
お漏らしもあったりでしますが、比較的スタンダードな初体験シーンが見られます。カラーページの各種コスプレも印象的ですね。

『カノジョは家族で愛人で』
三女である高咲穂波とのエピソード。涼香と鷹士の行為を見てしまった穂波。自らのちょっと病的な愛情が露見したこともあって強行手段として鷹士を手錠で拘束して襲います。
桂井よしあきさんの作品で主人公がヒロインに襲われるというかM的要素が垣間見れる作品は珍しいので、ちょっと新鮮な感じです。最終的には主人公が我慢しきれなくなって主導権を握るんですがw

『カノジョは家族で変人で』
高咲家の長女である湯月とのエピソード。普段はロリッ娘ですが、性的欲求を抑えられないときだけグラマラスな肉体に戻るという素敵な仕様の女性。
鷹士を攻略するはずが、逆に主導権を握られ結構やりたい放題やられちゃいます。

『カノジョは家族で花嫁で』
鷹士の姉であるこころとのエピソード。二人で旅館で一泊することになって寄った拍子に弟への我慢していた思いが爆発してそのままHに発展。旅館での長回しのHシーン良いですね。布団→ー温泉、また部屋に戻ってと体位を変えながら濃厚なHが展開されます。桂井自身が旅館に部屋を取って描いた話だそうです。
箍が外れて弟に甘えて溺れるこころさんがかなり可愛いです。

『家族は俺のハーレムで』単行本描き下ろし
各ヒロインのアフターのHとハーレムHの模様が描き下ろしで登場。特筆すべきは湯月さんのロリ姿とのHが描かれている点ではないでしょうか。まさかここで見られるとは思いませんでした。
ハーレムのHも迫力あります。

『秘蜜レンアイ相談』
今回の単行本では1番ストレートなエロ漫画の王道作品的な話ですね。
年上の校医と生徒が幼い頃将来を約束していたけど、中々言い出せない的な、Hの内容も桂井さんとは思えないくらい普通で逆に珍しいかもw

『香奮ショウジョ』
近所のお兄さんとそれを甲斐甲斐しく女子高生との恋物語
このHはフェラがかなり濃厚に描かれているので好みかも。口の動きなんかも細やかに描写してあって堪らないですね。その後のHの流れもとても綺麗です。

『ヘンタイ彼氏×カノジョ』
タイトル通りの作品ですね。変態的側面のある彼氏と彼が好きでなんでも応えてあげたい彼女。言葉責めが多いので淫語が多めですね。彼氏もなんだかんだでヒロインに夢中なので、なんだか微笑ましい話です。

その他にも桂井よしあき先生自らがイラスト付きで各話のヒロインとアフターを解説する話もあります。
そこに出ているバニー姿のこころさんが超可愛い


「黒箔Black rubbers」
『調狂乱孔』
金髪碧眼の騎士然とした執行部部長が弱みを握られ、凌辱され堕とされていく。カラーページ含めて衣装パターンが多彩で堕ちていく描写も素晴しいです。ピアッシングに陰部のタトゥーとヴィジュアル的にも見応えあります。
金髪はあまり描かれませんが、巻き髪の金髪騎士かなりハマってますね。

『可鳴音会長と黒い教室』
『可鳴音会長と御津音委員長』
ここからは続き物です。倉嶋家の姉妹と母、友人の紫ノ宮ゆうりが堕とされていくハードなHが描かれていきます。
最初の2話では生徒会長と風紀委員長である鳴音と御津音の姉妹が薬を使い堕とされていく。
黒髪ロングの少女に白濁液が映えます。多人数のプレーで様々な体位を目まぐるしく見せてくれます。

『白蕾淫花 前編-落-』
『白蕾淫花 後編-咲-』
堕ちていった倉嶋姉妹に触れつつ、紫ノ宮ゆうりが用務員に堕とされていく話が描かれています。NTR的側面も持ったエピソードで、じっくりと調教されていきます。組み付いたり密着した絵が多いですね、そこがまた何ともいやらしく映るんですが

『可鳴音会長と黒い結末』
3人が完全に堕ちてからのアフターエピソード+倉嶋姉妹の母親である百合音も毒牙にかかり最終的に一家共々屈してしまう。裏では完全に堕ちて牝となっているのにも関わらず、表では普通に日常を送っている倉嶋姉妹を描いているがまたギャップがあって後の展開を際立たせます。
最後は母娘全員妊娠してのセックス解禁。牝奴隷的口上もありアへ顔ありでラストに相応しいかと


白と黒。その色の通り、真逆の二冊ですね。白では姉妹や彼女とひたすら甘くちょっと変態チックなイチャラブHが展開されたかと思えば、黒ではハードな凌辱や調教、堕ちる破壊的なHが展開されていきます。これがセットになっていることで、そのギャップが楽しめると思うんですよね。決してキャラクターが被っていたりする訳ではないんdねすが、もしあkしたら、こちらの話の彼女もこうなっていたんじゃないか的なものを含めて。
あとがきにもありましたが、どちらか目当てで購入された方も、新しい性癖に目覚めてたりするかも!?しれませんね。
それも桂井先生の絵あってこそだと思いますが、設定を選ばずに映えるヴィジュアルは素晴しいですね。後半の作品ではイラストのように絵をワイドに使った一枚絵のコマが効果的に使われているのが印象的でした。後は表情においても目の動きで訴えかけてくるものが凄い強いですね。これは「白」側の作品で強く感じますが。
特典であるドラマでCDも声優さん達の熱演で素晴しいものになっています。特にこころ姉さんのかわしまりのさんはかなりのハマリ具合です。
このドラマCDの付いた限定版は売り切れ店舗も多数出ているそうなので手に入れたい方はお早めにしてください。
またどちらか片方だけ欲しいという方にも通常版がよういされていますので、そちらを(出来ればセットで購入することをお勧めしますが)
他にも公式サイトでは各タイトルのサンプルが見られたり、抱き枕カバーの販売を行っていたり、サイン色紙の当るRTキャンペーン(めっちゃ欲しいなぁ)をやっていたりとと盛り沢山なので、気になった方は下記リンクからでも是非訪れてみてください。
黒白lovers特設サイト


下記の画限定版で空けると上の状態になります。デザインはかなり凝っており、カラーイラストが散りばめてあって目を見張るものがあります。
DSC_0850jj.jpg
スポンサーサイト
[ 2013/06/30 19:31 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

6月28日購入エロゲ

DSC_0838s.jpg
DSC_0816a.jpg
[ 2013/06/29 16:51 ] PCゲーム | TB(0) | CM(0)

EX-ONE「月あかりランチ OZ sings, The last fairy tale.」感想・レビュー

『月あかりランチ OZ sings, The last fairy tale.』|EX-ONE
原画:高階@聖人二代目は魔法少女、本日の騎士ミロク(富士見ファンタジア文庫)他多数
シナリオ:サイトウケンジ、代瀬涼、深山ユーキ
Hシーン監修:三日堂
音楽:羽鳥風画、OdiakeS、難波 研 (aim music development)
発売日:2013年5月31日

シナリオ・テキスト
キーヴィジュアルやサンプルCGなんかを見るとバトル要素が多い作品のように感じられますが、実際は生徒と教師役となった青年の成長物語といった方がシックリくるかもしれません。
体験版感想ではちょっと都合良く話が推移し過ぎている感があると書きましたが、その辺りもきちんと伏線が張られていたのは流石でした。ちょっとヒロイン達が物分り良すぎるのはアレですが。
物語序盤で投げかけた謎を各個別ルートで丁寧に回収されていく様はお見事です。ラストルートで徐々に明らかになっていく謎も上手くできているかな思います。このあたりはサイトウケンジさんチームの作品らしさが出ていたと思います。
ちなみにアキルートがロックしてあって後の3人が最初から選べるようになっています。
個人的にはアブリル→夏乃→フユ→アキの順番で攻略するのが良いかと思います。
テキスト的にも説明台詞と地の分の多い主人公にケレン味と軽快さを持たせてあるのでかなり読み易いかと思います。ヒロインや魔女達の台詞回しも一人一人カラーが明確に出ていてキャラクターの立ち方に一役買っているかと思います。ただ、ちょっとヴィジュアルのあるシーンではクドく感じる人もいるかもしれません

キャラクター
『月あかりランチ OZ sings, The last fairy tale.』|EX-ONE
水際フユ:CV浅野ゆず
戦争で人が戦い続ける世界から来た少女。得物は拳銃
感情の起伏が存在しない態度で、生き残ることを優先、合理的な判断を何よりも重視する傾向がある。
その合理的な志向と男性を男性とと思わない態度で主人公を困らせる。
フユが徐々に心を開いて、表情も喋りも柔らかくなっていくのは実に可愛らしかったですね。勿論ルートでは雄々しいところも見せてくれます。後はパジャマ姿がかなり可愛いです

『月あかりランチ OZ sings, The last fairy tale.』|EX-ONE
皇夏乃:CV鈴藤ここあ 
機械が人間の生活すべてを管理して、争いごとのすべてが無くなっている世界から来た少女。自身の制作したロボットが代わりに闘う
明るく元気で自分の感情に真っ直ぐ突き進むタイプでマスコット的存在
知らないことを教えてもらえるのが嬉しくてしょうがない。質問攻めで主人公をタジタジにさせる
ルートで1番印象が変わるのは彼女かもしれません。幼さを感じされるよマスコット的な外見や言動とは違い実は1番大人で達観しているヒロイン。個人的には彼女のルートが1番綺麗に纏まっていて儚さを感じさせてくれて好きです。

『月あかりランチ OZ sings, The last fairy tale.』|EX-ONE
アブリル=ポワッソン:CV波奈束風景
剣と魔法の世界からやって来たとある王国のお姫様。得物は剣
共通ルートや他ルートでは余裕のある優雅なお姉さんポジションですが、個別ルートではまた違った一面を見せてくれます。またそれが庇護欲を感じさせるようでグッドです。波奈束風景さんも演技でそのギャップを上手く演出してくれています

『月あかりランチ OZ sings, The last fairy tale.』|EX-ONE
アキ:CV佐藤しずく
記憶を失っている少女。 自分がどこから来たのか、名前がなんなのかも分からない。本が武器となる!?
“アキ” は主人公がつけた名前であり、結構気に入っている。最初は主人公をお兄さんと呼ぶ
物語の最後のルート担当である彼女は

その他の4人の魔女と主人公と同じ姿をしているハルもキャラが立っています。魔女達はそれぞれリンクするヒロインとのルートで印象的な立ち回りをしてくれます。特にアズマさんは格好よく時に冷たく時にお茶目でそれでいて面倒見も良くて中々のキャラクターです

CG・シーン・演出
シーン数
水際フユ:5(本番3)
皇夏乃:5(本番3)
アブリル:ポワッソン:5(本番3)
アキ:5(本番3)
西野さん:2(本番2)
アズマ:2(本番2)
ミナミ:2(本番2)

やっぱり立ち絵演出がとにかく素晴しいですね。立ち絵で口が開き瞬きもするのですが、それが表情や台詞によって口の開き方や瞬きの間まで変化させてくれます。終盤は声優さん達の演技も相俟ってかなり効果的に使われていると思います。
夜の学園でのシーンが延々と続くので絵的に飽きがきてしまわないかと体験版プレー時に考えていたのですが杞憂でしたね。。上記の立ち絵演出や夏冬の制服の変化+プールでの水着やパジャマといった衣装の多彩さと学校施設の多さ。そして各ヒロインの名前にリンクして季節が変わることでバリエーションを持たせています。
季節を変えるのはやられましたね。そのルートの印象を際立たせると同時に絵的にも違った色を見せるというのはお見事でした。
高階@聖人さんの絵は柔らかく透明感があるのでちょっとファンタジー要素のある学園モノで輝きますね。そして、小物やアクセサリーデザインが凝ってあるのも好みです。もっとファンタジーに寄った作品で小物やアイテムルイなんかが多く出てくる作品でも面白そうかなと思います。
Hシーンはヒロインが本編3でエクストラ的に2シーン。魔女がBADエンドで1シーンエクストラ的なシーンで1という割合。過去のEX-ONE作品同様、ちょっとアブノーマルなプレーも混じってますね。淫語はほぼなし。
可愛らしくイチャイチャの強い感じのHシーンになってます。

声優・音楽
声優陣はボイスを聞けば、聞き覚えのある人ばかりです。皆さん熱演で素晴しいですね。皇夏乃役の鈴藤ここあさんとアキ役の佐藤しずくさんの個別ルートでの演技は印象的でした
音楽は羽鳥風画、OdiakeS、難波 研 (aim music development)
ファンタジーやSF、現代まで混ざる世界感を多彩な音色で表現してくれています。

システム・コンフィグ
エンジンはCS2.コンフィグ設定はかなり細かく設定できます。勿論ボイスカットや演出速度変更も可能
シーンジャンプもありスキップ速度も問題ありません。
ただ、マウスホイールジェスチャーが良すぎるのでホイールを多用する人は注意が必要かも
SAVEも120と十分(SAVEスロットを増やすことも可能のようで)、クイックSAVEも12あるのは助かります
攻略は基本一本道なので困ることはないかと


総評
序盤ちょっと強引に物語に引き込んでておいて、共通ルートに入ると丁寧に日常を描きつつストーリーを進め伏線を回収していく。まんまとライター陣の思惑通りに読み進めてしまいましたねwサイトウケンジさんのチームは単純な恋愛モノより、こういったちょっと捻ってあるような作品の方がハマる感じありますね。
どこか儚さや物悲しさ感じさせるエンドがあるのも印象的ですね。それでも前向きに進んでいく登場人物達に心動かされます。
今回の設定・世界感だと、続編というかスピンオフ的な作品も出せそうなのでそちらにもちょっと期待したり。
演出的にも工夫が凝らしてありますしHシーンも数質共に問題ないと思います。
かなり纏まりある作品なので是非プレーをお勧めしたいところです。体験版シーンが丸々共通ルートになっていますので、まずはそちらをプレーしてみるのも手かと思います。
気になった方は下記バナーからでも公式サイトへ。現在は第二回人気投票を開催中ですのでプレーした方はン参加してみてください(夏乃とミナミさん推し)
『月あかりランチ OZ sings, The last fairy tale.』|EX-ONE
[ 2013/06/21 00:36 ] 感想・レビュー | TB(0) | CM(0)

Galette「サンタフル☆サマー」体験版感想・レビュー

サンタフル☆サマー
ジャンル:真夏のクリスマスにちっちゃな恋を贈るADV
原画:のりたま、うすめ四郎、Pikazo
シナリオ:詠野万知子、遥音駆、東人
音楽:大川茂伸
アーティスト:nao

ALcotハニカム「1/2 summer」チームが結成した GLaceさんのそのまた姉妹ブランドのGaletteさんの処女作
南半球の常夏の島を舞台に、真夏のクリスマスな日々を描くサンタクロース見習いの青年と幼く見える少女たちとの押し掛けエッチなラブストーリー
体験版では共通シーンと桐ケ谷初花、新枝実結の個別ルートの初体験シーンまでをプレーすることが可能です。

ストーリー
常夏の島 セント・クリス島で、一人暮らしをしている主人公・鯨井亮。彼は朝に新聞配達、昼はおもちゃ屋でバイトをしている平凡な青年だった。
ところがある日、彼はサンタクロースのソリに轢かれてしまう。ソリを引いていたのは、「フィンランドのほうから来た」 という女の子のサンタクロース・ニコル。
方向音痴で地図の読めない彼女は、土地勘のある亮にプレゼント配りを手伝ってほしいと懇願する。

こうして、亮と街の女の子たちの物語が始まる。


見習いのサンタクロースの少女を手伝いながら、ヒロインとの距離を縮めていく作品かと思いきや、サンタであるニコルと出会うのがクリスマス・イヴ当日w。そのままサンタの仕事の手伝いをして、序盤でサンタの仕事は終わってしまいます。
その後、どのヒロインを選ぶかの選択肢がでて来るわけですが、体験版でプレーできる二人のヒロインと結ばれるまでも、かなり早いです。
公式でもHシーンの多様さやボリュームを売りにしているのでイチャラブHがメインになっていくんだと思いますが。ただヒロインがそれぞれに事情を抱えているようなので、まったく谷間のないシナリオとはならないと思いますが。

キャラクター
桐ケ谷 初花:CV御苑生メイ
サンタフル☆サマー
島に移り住んで7年目のツンデレお嬢様。背伸びがしたいお年頃で、強がったり、大人の真似をしてみたり。
でも心の中では、本当のサンタに会いたいと思っている。 クリスマスが誕生日。
体験版でHまで見られる一人。かなりの寂しがり屋。両親の不仲など問題を抱える

新枝 実結:CVヒマリ
主人公がバイトをしているおもちゃ屋の一人娘。引っ込み思案で恥ずかしがり屋だが、心は優しくて他人思い。
肝も据わっていて、ちょっとやそっとのことじゃ驚かない。
両親の愛の営みを盗み見ていて、実は結構エッチな子。だけどそれを隠している。
もう一人の体験版攻略可能キャラ。最初から主人公を兄と慕っている。この子はかなりエッチなシナリオになりそうです。
サンタフル☆サマー

ニコル:CV秋野花
「フィンランドのほうから来た」 と自称するサンタクロースの精霊(落ちこぼれ)。
暑さに弱く、常夏の島で迷い、主人公にプレゼント配りを頼む。
わりと怠け者で、居候の身にもかかわらず亮の部屋に入り浸ってはダラダラしている。お供のトナカイ・アルト が一緒。
体験版時では賑やかし要因みたいな立ち位置なんですよね。これからどう恋愛関係に発展するのか楽しみです。
サンタフル☆サマー

リリー・エイベル:CV藤咲ウサ
純真無垢、天真爛漫という言葉がぴったりの女の子。サンタクロースの存在を心から信じ、サンタに弟子入りしたいと思っている。
そのためサンタとなった亮に懐き、バイト先のおもちゃ屋に通い詰めている。家は島の人気ケーキ屋を経営しており、榎本ゆり は姉。
ヒロインの中では1番幼い感じですね。藤咲ウサさんの舌足らずな演技が良くはまっています。
サンタフル☆サマー

榎本ゆり:CV赤司弓妃
サンタやクリスマスを商売戦略と切って捨てるが、ロマンチックなものは好きで、“クリスマス、一夜の恋” とかに憧れている。
ちょっと警戒心が強く、主人公(が扮するサンタ)に懐く妹を心配している。ゆりと妹のリリーはハーフ。
実家は人気パティスリーの店を営み、それぞれの両親の母国に店舗を持っている。
両親ともクリスマスはいつも母国店舗の管理で忙しく、家族でゆっくり過ごした経験がない。
妹とは反対に大人びてちょっと小生意気な女の子。本作で唯一のバストサイズ80台
サンタフル☆サマー

クレイニア・バーネット:CV早瀬ゃょぃ
常夏の島 『セント・クリス島』 で生まれ育った褐色の女の子。
元気いっぱいで素直でおバカで能天気。
今まで男の子とばかり遊んでいて、女の子らしい振る舞いが苦手。
おまけに男と女の違いにちゃんと気付いておらず、大胆に主人公に接してくる
体験版ではあまり出番がないので分かりませんが元気と無防備さは存分に出ています。
サンタフル☆サマー

その他にもリリーとゆりの母親のマリー・エイベル:CVあじ秋刀魚(エロい)や実結の父親で主人公のバイト先の雇い主である新枝 元春:CV小中大輔、そしてニコルの相棒である不思議トナカイのアルトが登場

CG・シーン
キャラクター設定にもあるように全体的に幼い感じ強いですね。学園や制服といった要素がない分余慶に感じるところもあるかもしれません。
柔らかいタッチでプニプニした絵は南の島に良く似合ってますね。立ち絵の表情も豊かで。画面一杯に動き回ってくれるのが元気な女の子達をより一層輝かせてくれます。
Hシーンも一つの売りだけあって、初体験シーンから可愛くもあり濃厚な感じです。本編ではどんなシーンがあるのかも楽しみです(主人公のバイト先の店長が大人のオモチャ販売もあyっているのでそちらを使ったプレーも期待できるのかと)。

音楽・声優
音楽は大川茂伸さん。常夏の南の島の明るい太陽の下の感じが強く出ていると思います。

システム
必要なものは一通り揃っています。ボイスカットon/off、シーンジャンプ。バックログでのシーンジャンプも付いてるのが快適ですね。スキップ速度も問題なし

公式サイトにある「クリスマスになって女の子とイチャラブするアドベンチャー」もうこのままな感じですね。早い段階で結ばれてヒロインごとに4シーン以上で様々なコスプレありのCG60枚以上ということで、そこからは存分にイチャラブが楽しめると思います。学生でもないちょっと幼い少女達とイチャラブHを楽しめるゲーム。これに惹かれたら購入決定です。予約をすればヒロインたちを謎の白い液体でデコレーションするエッチイベントが楽しめる アペンドDISC「ホワイト・クリスマス・ディスク」 をプレゼントもやっていそうなので是非
公式サイトにも様々な情報があるので興味を持った方はバナーからでも是非訪れてみてください
サンタフル☆サマー

MOONSTONE Cherry「妹ぱらだいす!2 ~お兄ちゃんと5人の妹のも~っと!エッチしまくりな毎日~」感想・レビュー

妹ぱらだいす!2 応援中!
妹ぱらだいす!2 応援中!
ジャンル:妹とHをしまくるADV
原画:伊東ライフ、イチリ(SD原画)
シナリオ:水瀬拓未、篁葉月、和泉万夜
アーティスト:みるく

MOONSTONE Cherryさんの「妹ぱらだいす!~お兄ちゃんと5人の妹のエッチしまくりな毎日~」の続編
前作比200%超の大幅増量を果たしたアニメージョンと解像度:1280×720の大画面でパワーアップした実用性重視の妹ゲー第二段。
今回も両親不在の夏休み、おっぱいも増量した妹達とのHな生活が始まる

ストーリー・テキスト
ストーリーに関しては前作とほぼ一緒。両親不在の夏休みに積極的な妹達に兄は振り回されてHしたり、魅力的な妹に我慢できなくなってHしてしまったり。早い段階で妹と結ばれて、そこからはひたすらイチャイチャしながら様々なHを繰り返していく感じですね。基本、ノリの良い会話劇で進みシリアスにもまったく針を振ってないのでテンポよく最後まで軽快に読めると思います。
主人公は今回もかなりノリの良くエロエロな人物で積極的に責めるときも責められるときも持ち味を存分に発揮しています。
淫語がかなり工夫を凝らしてあって、読んでいるだけでもかなり面白いテキストになっています。特にしずくは本人が言葉責めすることもあって、色々な引き出しを持っているので注目してみてください
ちなみヒロイン達の両親は前作の5人の妹と兄(前作主人公)で今回の主人公はヒロイン桃花の母(綾)の息子という設定になっており、他の姉妹は父親と前作ヒロインとの間の腹違いの娘(明言はされていませんが、シルエット表示なので示唆さされています。)

キャラクター
妹ぱらだいす!2 応援中!
七瀬桃花:CV姫川あいり 多分、七瀬綾の娘。主人公の実妹
身長:157cm  スリーサイズ:B95(H)/ W59/ H92 
母同様に正統派の妹。一歩引いたスタンスだけど、無自覚に兄を甘やかし献身的に尽くす。Hへの導入もお兄ちゃんの役に立ちたい、お兄ちゃんを気持ちよくしてあげたいという思いから。
徐々にHへも積極的になっていきますが、それでもお兄ちゃんのためにって思いが強め。後はルートに入ってからは焼き餅焼きな面を強く見せるので、一歩引いている共通ルートとは違った一面が見られて可愛らしいです。
姫川あいりさんはこういった正統派の妹、相変わらず良いですね。

妹ぱらだいす!2 応援中!
七瀬理々奈:CV橘まお 多分、七瀬理央の娘
身長:165cm  スリーサイズ:B99(I)/ W57/ H87
母同様にツンデレ妹。口うるさいけれど面倒見も良い。潔癖症で男嫌い。 だらしない上にエッチな兄にはいつも厳しいけど、やっぱり兄が好き
兄にオナニーを見られて、黙っていてもらうための交換条件的にHなことへと突入。エッチな兄さんだらしない、でも好きという感情の機微をエッチを重ねながら、コミカルに描いてあります。
前作の母親もおっぱい担当でしたが今回はIカップということで、破壊力増しています

妹ぱらだいす!2 応援中!
七瀬柚子:CV木ノ下やや 多分、七瀬日和の娘
身長:140cm  スリーサイズ:B70(AA)/ W53/ H74
何もない所でなぜか転ぶドジッ妹でマスコット的存在。前作では気弱な妹という面がクローズアップされていましたが、今作ではマスコット的な存在として描かれている面が強いですね
柚子ルートは主人公が我慢できずにアプローチをかけて、常に主人公から仕掛けてHに持って行きます。

妹ぱらだいす!2 応援中!
七瀬千春:CV上田朱音 多分、七瀬小春の娘
身長:153cm  スリーサイズ:B90(G)/ W55/ H86
笑顔の絶えない妹でアニメや漫画やゲームが大好き、兄とは男女という枠を越えて一緒に遊ぶ七瀬家のムードメーカー。兄のことが大好きで、隙あらば破壊力抜群のタックルで突撃してくる。
最初から主人公、千春共にHに対してフルスロットルで向かっていきますwここまであっけあらかんとした妹とイチャラブHばかりしている話も珍しいんじゃないかと。ただ、その元気さが鬱陶しくなく、たまに乙女らしいところを見せるのが効いています

妹ぱらだいす!2 応援中!
七瀬しずく:CV鈴谷まや 多分、七瀬みちかの娘
身長:155cm  スリーサイズ:B88(F)/ W53/ H84
なによりも兄と読書を愛する妹。ひとたび口を開けばズレた発言があふれ出す残念美人で妙な本から得た知識で兄を困らせ翻弄してばかりいる。素質と知識と自主トレーニングの成果でエッチに関してのテクニックは想像を絶するものがある
体験版感想ではサディスティックな面は薄いとか書きましたが、やっぱりちょっとS気味でした。このルートのみ主人公は基本的に受けのプレーが多く、しずくにやりたい放題やられて精子搾り取られています。Hシーン含めてワードのチョイスが非常に面白いです。

CG・シーン
桃花:15(本番7)
理々奈:15(本番8)
柚子:15(本番8)
千春:15(本番8)
しずく:15(本番5)
複数:7

前作と大きく変わったのは1280×720のワイド対応になった点と3サイズを見てもらってもわかるように妹達のおっぱいが全体的に大きくなった点ですいかね。ムチムチでプニプニしている伊東ライフさんの描く妹キャラクター達がダイナミックに迫力満点で襲い掛かってきます。全体的に胸が大きくなったので揺れ方もさらにそそるようになっていますし、パイズリシーンなんかは圧巻ですね。
ただ、決して胸にだけ力を入れているわけではなく、各ヒロインのカラーに合わせてHシーンもアニメシーンも組んであります。アニメシーンなんかはもっと胸押しなのかと思いましたが、胸の揺れを活かしつつ、その他の体の部分にも目が行くような上手いつくりになっています。
足コキ、膝裏コキ、脇コキなどコキプレイがかなり豊富です。これは主人公は皮被りなこと、汁描写がしっかり描かれていることもあって、効果的なシーンが多いですね(MOONSTONE CherryさんのHシーンはついつい外出しで汁の出る感じみあたくなります)。
そして、これだけのシーン数を誇りながらマンネリ感がないのが素晴しい。シチュエーション的には各ヒロインで似通ったものもあるし衣装もそこまで多い訳ではないのですが、それぞれの妹の特徴に合わせた構図と体位、Hの種類の構成、淫語のワードチョイス、さらには汁描写で差別化を図ってあるので、どれも新鮮に見ることができるのは流石の一言。
特に構図の豊富さは目を見張るものがあります。惜しむらくはヒロイン全員との6Pシーンが無かったのがちょっと残念

声優・音楽
声優さんは独特な言い回しのHシーンボイスと喘ぎを時に可愛らしく時に艶やかに演じてくれています。、音楽もPOPでノリが良くこの妹とイチャラブする作品にピッタリです。。OPは相変わらず破壊力抜群

システム・コンフィグ
ボイスカットの有無、演出速度変更、Hシーン時の射精選択、断面図表示、射精カウンターの有無とHシーン設定は至れりつくせりです。またマウス動作の変更をかなり細かく決めることが出来るのも抜きゲとしては助かります。
また、今作もTwitter連動機能は健在。使ってると妙な気分になりますが、色々な呟きをみることができて面白いですね。バックログからのシーンジャンプがあると、もっと使い易いのではないかと思います。

総評
伊東ライフさんの描くムチムチな少女はやっぱり堪らないです。それがアニメでも動くまくる訳ですから、ちょっとズルいですよね。
そして、付け加えれば手と足の指の動きの表現がかなり秀逸。特にHシーンでのピンと張ったりふにゃっと曲げたりする手足の指の動きはヒロイン達のもう一つの表情を見ているようでよりHシーンに入っていける気がします
前作をプレーして好みだった方は問題ないどころかさらに満足できると思います(おっぱい好きなら尚更)。また、妹モノとしてだけではなく少女と一つ屋根の下で一夏のイチャラブHモノとしても楽しめる作品かと。
そして、これだけ色々なカラーを持った妹達とバリエーション多彩なHが楽しめる作品もそうないとは思うのでおススメです。
公式サイトでは体験版やアニメーションサンプルに迫力あるCGも多く掲載されていてます。またアンケートに答えて裸立ち絵パッチをプレゼントするキャンペーンも開催中なので下記バナーからでも是非行ってみてください。
妹ぱらだいす!2 応援中!
妹ぱらだいす!2 応援中!
妹ぱらだいす!2 応援中!
[ 2013/06/14 01:56 ] 感想・レビュー | TB(0) | CM(0)

6月1~7日

Escude:「せんすいぶ!」体験版[654MB]、パッケージ画像公開、主題歌情報更新

てぃーぐる「レミニセンス」修正パッチ1.02公開

BLACKPACKAGE:「エピデミック」体験版更新公開

ALcot「そよぎと六花の Radio de ALcot!」第一回配信

INTERHEART「いたずら 僕だけの絶対領域」マスターアップ

まどそふと「ナマイキデレーション」オープニングムービー公開

すたじお緑茶「南十字星恋歌」キャラクター紹介更新、サザンクロス通信第2回

まーまれぇど「星ノ音サンクチュアリ」発売再延期お知らせ
8月30日へ

PULLTOP:「ココロ@ファンクション!」発売日告知、プレビュームービー追加
[ 2013/06/11 16:14 ] PCゲーム | TB(0) | CM(0)

インターハート「いたずら ~僕だけの絶対領域~」体験版感想・レビュー

『いたずら~僕だけの絶対領域~応援中』
ジャンル:元祖痴漢ADV
原画:雪月竹馬
シナリオ:坂元星日
2013年6月28日発売予定

インタハートの悪戯シリーズ久しぶりの新作。近年は3Dタイトルや「悪戯麻雀」などでsリーズ展開していたので、痴漢ADVとしてのシリーズとしては約8年ぶりの新作
体験版は二種類用意されており、序盤の大まかな流れと作中の数々のHシーンを見ることができるダイジェスト体験版と痴漢シーンを丸ごと体験できる丸ごと鑑賞版

ストーリー
主人公・新藤まさるは、ある学園に通う見るからに頼りなさそうな男の子。ルックスが良いわけでも、会話が得意というわけでもない。
ある日その彼が、毎朝通学電車で会う同級生の女子に片思いをしてしまう。同じ学園、同じ学年、しかしクラスが分からない。
毎日その子に会うまでホームで待ち伏せし、気付かれないように同じ車両で登校する。…それがお決まりの日課だった。
いつものように片思いの彼女と一緒に通学していると、電車の揺れに合わせて身体を摺り寄せてくる女子学生に遭遇する。見たことのない子だった。
(なにやってんだこの子? まさか痴女?)
女の子はお尻を突き出して、まさるの股間にスリスリしているように思えた。
(そういえば、この子は乗車の時から前にいたな)
電車の揺れに合わせて、まさるに身体を預けるように寄りかかってくる女の子。
まさるは、元気になった股間を女の子の尻に押し付け返した。 しかし彼女は抵抗する様子がまったく無い。
そして駅に着くまで、まさるは女の子の尻の感触を存分に楽しんだ。

この日から、まさるの心に痴漢の火が灯ってしまう。
片思いの同級生と、痴女?らしき女子学生。
2人の女子学生への想いが、まさるの人生を駆け足で狂わせていく……

キャラクター
『いたずら~僕だけの絶対領域~応援中』
早瀬水緒:CV落合周
ポジティブで活発な女の子。他人に影響されやすく、あまり自分を持っていない。 熱しやすく冷めやすいタイプ。
敬語をあまり使わず、フランクな口調をしている。
割りと痴漢にもノリノリな感じ。痴漢に負けたくない対抗心が強め。アへ顔が多い

『いたずら~僕だけの絶対領域~応援中』
大野由香梨:CV柚木サチ
まじめで頑固。 敬語・丁寧語を使い分ける礼儀の正しい子。
信用できる人間ではあるが、面白味がないところが短所。痴漢に対して、許せないという感情を持っている。
痴漢にかなり強い嫌悪感を持っているようですが、シーンを見る限りこちらも早い段階で嵌っていく方向のようで
主人公が他の女性に手を出さないように自らの身体を捧げているうちに…

CG・シーン
雪月竹馬さんの原画が良いですね。抜きゲは初だったかと思いますが、ムッチリした容姿の少女達は痴漢シーンで非常に映えます。胸の潰れ方とかも良い感じですね。
集団痴漢クラブと連携してヒロイン二人を堕としていく設定ですが、主人公以外と本番を行う感じはないですね。選択肢次第で変化ありそうですが
電車内の痴漢以外にも緊縛やお風呂やホテルでのHシーンも用意されているようです。

声優・音楽
声優・音楽共特に気になるところはなし
主題歌の薬師るりさんの主題歌が妙に格好良いです。痴漢ゲーというのはなぜこうテンポあってカッコいいOPが多いのかw

システム
ワイド対応(スケーリングもアリ)、ボイスカットon/offアリ、エフェクトカットもあります。スキップ速度も問題なし


片思いの女の子と痴女のヒロイン二人に絞ってあるのはシンプルで好印象ですね。二人のヒロインが共に痴漢にハマるのが早そうなので、その辺りをどう描いていくのかちょっと楽しみです。
また、ムチムチっとした少女の身体に複数の手が伸びていくのは痴漢モノとしては素晴しいですね。本編では他にどんなプレイが用意されているのか楽しみです。
今回の体験版は両方共非常にコンパクトで即座にプレーできるので、まず触れてみるのもアリかと。公式サイトではそれぞれの痴漢エピソードをテキスト付きで公開してありますので、そちらも作品をイメージし易いかと思います。
現在予約キャンペーン中で予約すると痴漢されるJKの心情を描いたシチュエーションサウンドドラマ、ラフ画やデジタルコンテンツを収録した JK中出しディスク Season1~由香梨&水緒編~ をプレゼント中だそうです。
気になった方は下記バナーからでも公式サイトへ
『いたずら~僕だけの絶対領域~応援中』
『いたずら~僕だけの絶対領域~応援中』

Parasol「ゆめこい ~夢見る魔法少女と恋の呪文~」感想・レビュー

『ゆめこい~夢見る魔法少女と恋の呪文~』応援中です!
『ゆめこい~夢見る魔法少女と恋の呪文~』応援中です!
ジャンル:妹が魔法少女でイチャラブなADV
原画:ちこたむ、ひなたもも、稲垣みいこ
シナリオ:田中タクヤ、ナツメアラシ、平野ねむる
アーティスト:solfa feat.茶太
2013年5月31日発売予定

Parasolさんの第4作目は前作と同じく妹を前面に押し出した作品。ただ今回は妹が突然二人になったり魔法少女になったりと賑やかな雰囲気
体験版感想も参考までに

シナリオ・テキスト
魔法少女モノですがバトル要素なし魔法仕様も控えめで魔法を通じてヒロイン達がいかにして夢を叶えるかが軸になっています。魔法少女に変身すると副作用で性的欲求を覚えるということもあって、初Hまでがかなり早めでうスムーズに入っていきます。Hシーンやイチャラブを重ねながらストーリーが展開していくだけに話は中弛みなくペース良く進んでいきます。少々落差に欠けるにシナリオかなと感じる人もいるかもしれませんが、今作に関してはこれくらいスッキリしていた方が魔法少女とイチャラブというコンセプトが活きるので良かったのではないかと思います。


キャラクター
『ゆめこい~夢見る魔法少女と恋の呪文~』応援中です!
姫乃実みるく:CV夏野こおり
体験版感想では妹と言うよりは、異世界から来た美少女ポジションなどと書きましたが、ルートに入るとそこは流石きちんと妹していました。かなり積極的で甘え上手。彼女のルートのみ平行正解が本格的に絡みます。
自身のルート以外ではかなり焼き餅焼きで賑やかし担当
そして、変身シーンがかなり可愛い

『ゆめこい~夢見る魔法少女と恋の呪文~』応援中です!
七森胡桃:CV雪村とあ
本当に妹らしい妹。主人公を甲斐甲斐しく世話して健気にアプローチして嫉妬してともう堪らないですね。
ルートに入ると事あるごとにキスを上目使いでで求めて来て兄のためなら何でもしてあげちゃう姿もあって、かなりヤバイ。自身のルート以外でも兄とヒロインの関係を健気に応援してサポートする姿がまた良い妹でもう…
個人的には彼女のルートを最後に持ってくるのがおススメかと
最初は音痴でコミカルだった変身シーンも最終的には克服して可愛らしい変身シーンに。

『ゆめこい~夢見る魔法少女と恋の呪文~』応援中です!
夏目咲久耶:CV松田理沙
THE松田理沙のお姉さんキャラ。主人公をリードしていくのかと思いましたが、かなり思い切った奇抜な展開で…
このルートのみシナリオもHシーンンもかなりトリッキー

『ゆめこい~夢見る魔法少女と恋の呪文~』応援中です!
星崎芽唯:CV上原あおい
妹達よりさらに幼さを見せる初心な少女。早く大人になりたい芽唯のために主人公が色々なことを教えてサポートしていく感じ、このルートの主人公はkなり変態です。
他ヒロインのルートでは大人びていて冷静な少女ですが、自身のルートではかなり子供っぽくワガママな態度も見せるのでギャップが上手い具合に出ていて良いですね
変身シーンが多いのですが、魔法服が妙に露出が多いので、それだけで何かイケナイ感じにw

CG・シーン
姫乃実 みるくシーン数8(本番4)、(姉妹での百合1)
七森胡桃:シーン数8(本番4)、(姉妹での百合1)
夏目咲久耶:シーン数6(本番4)
星崎芽唯:シーン数6(本番5)
体験版感想でも書きましたが、立ち絵の種類が豊富なのが良いですね。公式サイトでも確認できますが制服、魔法服、パジャマ、水着、それぞれのコスプレ衣装と5パターン用意されています。当然それぞれの衣装でのHシーンも用意されているのでお得感もあります。また下着が複数用意されているのも良いですね。
魔法少女モノだけに変身シーンも完備。個別に変身用の歌まで用意されています。ちょっと残念だったのは、変身シーンがシーン感想で見られないんですよね(一枚絵はCG鑑賞にあるのですが)。素晴しい変身シーンだったので是非、変身シーン感想実装して欲しいですね。
両妹はオーソドックスなHが殆どですが、咲久耶は獣耳、芽唯は尿プレーが軸になっています。特に芽唯は飲尿もあったりと結構思い切ってるかと(ただ、ちょっと気になったのは芽唯ルートの主人公の股間のモノは長すぎるかなぁとw)。

声優・音楽
声優、音楽共に作品に良い感じです。Hシーンの喘ぎも十分かと
各変身シーンの歌も音楽鑑賞で聴けるようになっているのは結構な大盤振る舞いで

システム
ボイスカット有無あり、シーンジャンプもあります。バックログからシーンに戻れるのはやっぱり便利ですね
SAVE数も120あるので十分かと。システムボイスが全体的に可愛いです。
攻略も簡単なので攻略したいヒロインに一直線で行けば、そのままルート突入です

総評
「魔法少女の妹とイチャイチャする」これがきちんと実行されているだけでもう十分ですね。Hシーンも抜かり無しで妹との甘いシーンが楽しめると思います。ちこたむさんの描く妹キャラは本当に愛らしいという言葉がピッタリで何時までもイチャラブ見ていたくなってしまいますね。
妹二人をオーソドックスな展開とイチャイチャに振っている分、他の二人のヒロインがちょっと変わった展開とHが用意してあるのもバランスが取れていると思います。
気になった方は下記バナーからでも公式サイトへ
『ゆめこい~夢見る魔法少女と恋の呪文~』応援中です!
『ゆめこい~夢見る魔法少女と恋の呪文~』応援中です!
『ゆめこい~夢見る魔法少女と恋の呪文~』応援中です!
[ 2013/06/09 16:00 ] 感想・レビュー | TB(0) | CM(1)

LilacSoft「end sleep 」感想・レビュー

end sleep
ジャンル:クローズド・サスペンスAVG
原画:その吉、ゆきねこ
シナリオ:山鈴
音楽:大久保潤、片琴ゆうじ

LilacSoftさんの第4作目。今回は前作からガラッとイメージを変えて、ダークなクローズドサスペンスモノ
屋敷内でロールプレイしながら起きていく殺人事件がどう展開していくのか興味を惹きました
体験版感想もあるので、そちらも参考までに

シナリオ・テキスト
いくらクローズド・サスペンスとはいえ、登場人物7人でどう物語を展開させていくのか気になっていましたが、犯人の目星はもう序盤からある程度ついていて、なぜそうなって行ったかをルートを巡りながら明らかにしていくといった印象が強いですね。
そのため、BADエンド以外は連続殺人など起きることもなく、主人公に探偵的な側面も薄めで、どちらかというと、このロールプレイの意味を考えながら自問自答するような形。
各ヒロインにアフターストーリーが用意されているのもサスペンスモノとしてはちょっと珍しいですかね。シナリオ上、エピローグ的な形ですが、ヒロインとの結ばれ方が結ばれ方なので、このフォローは好印象でした。
テキストはケレン味が効いていますが、それでいてクドくなく説明台詞も上手く取り込んであるので読み易いです。欲を言えばもう少しロールプレイとしての時間が多めに欲しかったです。せっかくの設定ですから、もっと演じている部分が多くても良かった。

キャラクター
ヒロイン達はあんまり書くとネタバレになってしまうのでアレなんですが、諸に吊り橋効果で攻略される女性もいるので、ちょっと面白かったですね。こんなに露骨に描かれている作品も珍しいのではないかと
個人的には攻略もできませんし登場シーンも限られるんですが、稲敷未穂が非常に印象的でしたね。メイクで容姿の変わる立ち絵や演じているときと素の姿のギャップ、最後までプレーしてようやく分かる姿など、ある意味ヒロイン達以上に面白い存在でした。
体験版でちょっと口の悪さや突き放した発言が気になると書いた主人公では本編では情に熱い部分や責任感の強さなど見せてくれるので、そちらはキャラクターとしてきちっと立っているので問題ないかと。割とエロにも積極的な主人公なのは驚きました。
後は主人公の施設時代の幼馴染である山本勇人がかなり好人物です。

CG・シーン
東條翠、織来静紅、西松花夜子(全員処女)それぞれ3シーン(アフターストーリー1)
Hシーンは1シーンに3枚CGを使っていますので流れが綺麗ですね。アフターストーリーのHがちょっと変わったモノになっています。
体験版感想でも書きましたが、原画のその吉。さん、ゆきねこさんは思いっきり萌えゲー的な作品よりも、今回のような作品の方が嵌る気がしますね。今作では髪の長いキャラクターが多いですが、その長髪の描き方が多彩で印象的です。

声優・音楽
音楽は前作に引き続いて担当の大久保潤さんと片琴ゆうじさんが担当。ピアノ中心ののサウンドが屋敷でのサスペンスにマッチしていて良い感じです。主題歌である「おとしもの」も同様。

システム
基本的に必要なモノは揃っているので問題ないかと。スキップ速度もストレスなくいけます攻略もそこまで難しくないのでノーヒントでも大丈夫です。

総評
時間として半日あればコンプリートできまるくらいコンパクトな作りです。次々と殺人が起きる作品ではなく、なぜこのロールプレイ(ごっこ遊び)と館が必要だったかに軸足が置かれているので、これくらいに纏めてあると一気にできるので良かったかと。重厚なクローズドサスペンスや推理モノなんかを期待される人にはかなり物足りないかもしれませんが、サスペンスモノのエロゲの形としては、これはこれで面白かったと思います。
おまけとしてLilacSoftのブログで日々公開されていたイラストの一部がが収録されているのですが、ゲームをプレイした後だと、ちょっと感慨深いものがありますね。lilacsoftニュースでは発売された今も原画のその吉。さんがイラストを描いていますので、過去のイラストから遡って覗いてみても面白いかと
サスペンスモノのエロゲというと、どうしても敷居が高く手に取り難い感じがありますが、今作はコンパクトに纏まっておりグロテスクなシーンや流血シーンなども多くないので、今まで手に取ったことのない人なんかもやってみたら面白いかもしれませんね。気になったら下記バナーからでも公式サイトへ
end sleep
[ 2013/06/04 02:26 ] 感想・レビュー | TB(0) | CM(0)

empress「DominancE」体験版感想・レビュー

『DominancE』聖少女新作2013年5月31日発売予定!
『DominancE』聖少女新作2013年5月31日発売予定!
ジャンル:女性上位スペースADV
原画:聖少女
シナリオ:伊集院更紗
音楽:四十万行道

ストーリー
徴兵制度が法律で決められた時代、無理やり軍へ入隊させられ捨て駒部隊へと送られてしまう主人公 マコト・ヒビノ。
無人の辺境惑星で支援訓練を行わされた際、彼は指向性地雷を踏んでしまい、コンバットアーマーごと谷底へ落ちて身動きが取れなくなってしまう。
なんとか自力で救難信号を発信し救助を待つが、数日経っても救助が現れる気配はなかった。

そして6日以上の時が経過し、命も尽きそうになった時、轟音と共に一機の船が降り立ち マコトは救出される。
気を失っていたマコトが目を覚ますと、彼は宇宙船の一室で仰向けに寝かされていた。 しかも全裸で。
そして目の前には、一人の無表情な女性が……。
「これからあなたの精液を採取します」
表情を変えずに女性はマコトの上に跨った。
形のいいお尻で口が塞がれ、ペニスには見たこともない機械が装着され――起動した。
顔全体に当たるお尻の柔らかい感触に加え、ペニスに装着された機械のあまりの気持ち良さに、強制的に何度も何度も射精させられてしまう。
そして精液を搾取され続けたマコトは、再び気を失ってしまうのだった……。

果たして、その後の彼の運命は――?言葉では言い表せないほどの行為が、今もその船の中で行われている。

ジャンルの通り女性上位モノみたいですね。主人公以外にも女性奴隷と愛玩具に凌辱要員や宇宙生物までいるので、それらを使って苛め抜くのだと思いますが、見た感じそこまでハードに振ってないのかな今作

キャラクター
『DominancE』聖少女新作2013年5月31日発売予定!
希美子・マイザール:CV中野志乃
超豪華プライベート船 『パールバティー』 の船長であり、亜美の母親でもある。
ふたりは “大金持ちのマイザールファミリー” として、宇宙にその名を轟かせているらしい。
その家業は、御法度とされている希少な宇宙人や生物を捕まえ売り飛ばす奴隷商。
さらに付加価値を増すために、その奴隷を裏社会の様々な趣向に合わせて調教・人体改造なども行っている。
精子飲んでる絵が多いですね。女王様というよりは女主人的なポジションがしっくりくるか

『DominancE』聖少女新作2013年5月31日発売予定!
亜美・マイザール:CV長谷部雪奈
希美子の娘であり、母に負けず劣らずのドSのド変態。
普段から攻撃的な性格をしているが、スイッチが入ると母を越えるほどのドSっぷりを発揮する。
ヴァギナよりも先にアナルに目覚めてしまい、また自分が変態だという自覚が無いうえに、相手の痛みを考慮するということも知らない。
苛めている絵もあれば、母親に摂関されているムービーもあったりとちょっとどう動くか解らないですね。体験版ではかなりサディスティですが

『DominancE』聖少女新作2013年5月31日発売予定!
イリーザ:CV御苑生メイ
希少な宇宙人とされているファーゼライト星人。
主人公よりもずっと前から 『パールバティー』 に乗っており、愛玩具として飼われている。
そんな境遇の中、なぜマイザール親子のもとに居続けているのかは不明。
聖少女さんの描く宇宙人。ハマってますね。CG見てるとフタナリだったり、スカも多めなのかな

『DominancE』聖少女新作2013年5月31日発売予定!
智子・ロマ・ルイス:CV悠はるか
苦学生だがなんとか大学に進学し、論文を執筆するため辺境惑星 『ND33598』 で “グローサーフッド” と呼ばれる宇宙生物の研究をしていた。
ナメクジ形態の “ナーク” と呼ばれる宇宙生物の死体を被り、擬態化しながらグローサーフッドの生態を研究中、ハンティングに来ていたマイザール親子にナークと間違われ捕獲されてしまう。
体験版では登場せず、ムービーやCGだとひたすら酷い目にあってますね

CG・シーン
聖少女さんの絵は相変わらず抜群にエロいですね。SF設定ということもあって、人間離れした美女がさらに映えている感もあります。プレイもSやMというよりは理不尽な責めが多いのも変わらないのかな。スカのon/offが付いたりサンプルCG見てると、そこまでハードなプレイに針ふってないのかなと思いますが、果たして

声優・音楽
中野志乃さんと長谷部雪奈さんはSTARLESSでも似たようなタイプの母娘でしたね。他の二人も抜きゲでの実績は抜群なので問題なさ気
音楽は序盤ノリの良い曲でテンポ良く進んでいきます。Hシーンや悲劇的なシーンての曲との落差も効いてます。

システム
ウインドウサイズは色々弄れますが、基本は4:3、ボイスカットon/offなし。後は必要なものは揃ってます

総評
聖少女さんの絵が好きであれば、今回も買いではないでしょうかね。もうそれだけだと思います。
体験版、プレイムービー、デモと公開されているのでそれで決めるしかないですね。どうしても人を選ぶゲームには間違いないので
公式サイトでは体験版のほかにも様々な企画を展開中なので、バナーからでも是非公式サイトへ
『DominancE』聖少女新作2013年5月31日発売予定!
『DominancE』聖少女新作2013年5月31日発売予定!

5月24日、31日購入物

DSC_0692f.jpg
DSC_0744a.jpg
[ 2013/06/03 16:27 ] PCゲーム | TB(0) | CM(0)
プロフィール

kazupoh

Author:kazupoh
PCゲーム、イベント情報中心

御用のある方はメール、Twitter、コメント欄にお願いします
メールアドレス:numberhistory6284□hotmail.co.jp
□を@に変更して送信をお願いします

リンクフリー、相互リンク歓迎です
※18歳未満の方の閲覧注意

応援中
俺と彼女がミステリーな件について P.W.-『俺と彼女がミステリーな件について』 英雄*戦姫 GOLD 『英雄*戦姫』GOLDを応援しています! 『神曲奏界ポリフォニカ F』応援中! 『魔王と踊れ! コード:アルカナ』応援中! 『ワルキューレロマンツェ More & More』応援中です! スタッフィング最新作『催眠演舞』応援中! とりぷる・すれっと最新作『恋しよっ?』応援中!
Twitter
カウンター
Spcial Thanks
Spcial Thanks
『DominancE』聖少女新作2013年5月31日発売予定! 「きみと僕との騎士の日々 -楽園のシュバリエ-」情報公開中! 恋姫シリーズ最新作『戦国†恋姫 ~乙女絢爛☆戦国絵巻~』応援中! ナイものねだりはもうお姉妹 180px×180px 『モテすぎて修羅場なオレ』2013年2月22日発売予定! 「催眠術3」応援中! 【ハピメア】応援バナー


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。